新コースデビュー!(第二段階2-A)


ビデオを何度も何度も見て、しまいには早送りして見てみたりした私。
それでも不安。本当にあっちのコースに出ちゃうんだよね?

 

青いゼッケンを付けて準備体操をし、駐車場へ移動する。
(いよいよだ。緊張する…)
「まずはケーススタディということで、代表的な事故の例を四輪に乗って体験してもらいます。」
(二輪でも四輪に乗る教習があるんだ)
「その後指導員がコース案内をしますので、後についていって下さい。」
(よかった、いきなり一人で走るわけじゃないんだ…)
最後尾について駐車場を出て左折、いよいよ大きなコースに出ていく。
(うわ~、みんな速いよ!)
前のバイクと大きく距離があいてしまったが、何とか直線で加速して追い付く。
こっちは広くて、気持ちがいい。

 

バイクから降りてヘルメットをしたまま車に乗り込む。
体験するのは
「見通しの悪い交差点での出合い頭事故」
「無理な右折による衝突事故」
「左折の際の巻き込み事故」
教官の迫真の演技で終始ドキドキしっぱなしでした。

 

再びバイクに乗り換えて、今度は教官の後についてコースを回る。
ところがギア操作とか方向指示器の操作に気を取られて、コースどころじゃない。
初めてってこんなものなの?
何周かしてやっと気持ちが落ち着いてきたと思ったら、あっという間に教習終了。
ほっとしたのか、いつものスラロームでよろけてしまう。
あぶないあぶない…