やばい、コース覚えてない(第二段階2-RS)


「コースを覚えなきゃ。」
今日はライディングシュミレータの後、小型の時とは違うコースを走ることになっていた。
前の晩に覚える筈がサボってしまったので、朝焦ってコース図を何度も鉛筆でなぞってみる。
が、いまいち覚えられない。ビデオで見たかった。

 

「今回は、シュミレータで法規走行をしてもらいます。
この後、2-A・Bというコースに出ますが、みなさんコースは覚えてもらいましたよね?」
ギック〜!まだちゃんと覚えていない。
「コースを覚えておいてもらわないと、お話になりませんので。」
そしてシュミレータでの教習が始まる。
前回は不覚にも酔ってしまったのだった。
私は3人いるうちの3番目。
シュミレータから「次の信号を右に曲がって下さい。」と声がする。
教官も「ここで右に進路変更の合図」とか、いちいち言ってくれるので簡単そうに見える。
にしてもこのシュミレータ、良くできてるなあ。
順番が回ってきた。
「前の2人を見てわかっただろうから、今回は何も言いませんよ。」
(えっ!)
やはりシュミレータの順番は最後にならないようにすべし。

 

よく分からないうちに終了。途中止まっているトラックをよけるのに合図し忘れたかも。
はたから見たら相当格好悪かっただろうな。
まあいいや。それより次の空いてる時間を使ってビデオ見なきゃ。