1-Dの沼からの脱出(第一段階1-D)


1-Dの沼からなかなか抜け出せない私。
そして今日も雨。しかも9月だというのに寒い。
第二段階に進めるのは、一体いつになるのだろうか…

 

今日の教官はあの「宮迫」教官だ。
怖い教官じゃなくてよかった…
まずはいつものとおり慣らし運転。今日はニーグリップを意識してみる。
だいぶ慣れたとはいえ、まだ狭路やスラロームで安定感がないのはニーグリップが甘いせいに違いない。
それからローギア、セカンドギアで低速走行の練習。
しかしバイクから出る音が周りと比べて小さい気が…
「そうか、クラッチをもっと切り気味にしてアクセルをふかせばいいんだ!」
今さらわかってどうする。

 

さて、いよいよ今日のテーマ「セカンドギアでのクランク走行」
坂道を登って下った所に左90度に曲がる曲り角がある。
ここをサードからセカンドにギアを落としてゆっくり曲がろうというもの。
「サードギアのまま坂道を登る。それからフロントとリヤブレーキ両方使ってスピード落とすと。
ここでギアをセカンドに。半クラッチにして曲がるよ。」
教官の後ろにタンデムして、必死でやり方を頭に叩き込む。
(さっきの低速走行の練習はここで使えるのか)
「頭が混乱しちゃうだろうから、まずはサードギアのままやってみて。」
よかった、とにかく曲がればいいんだよね。
やってみると案の定、曲がる時にガタガタする。
(これって実際の公道でめちゃめちゃ使うテクニックだよね)

 

「こっちだよ〜」
教官が手招きしてる。
セカンドにして曲がる と思ったけど曲がりきれない。
「あそこにゴムの目印があるでしょ。」
教官が指す方を見ると、下り坂の終わるあたりに黒いゴムの目印がある。
「あそこでセカンドにするくらいでいいんだよ。」
そうか!一連の動作をもっと早い段階でやれば余裕を持って曲がれる筈。
反省点を踏まえてやってみるとうまくいった。何回も繰り返すうちにコツをつかめたような気が…

 

「1Dはこれで終わりね。」
やった!いつまで続くのかと思ってた1-D、これにて終了!!
「次はライディングシュミレーターだよ。予約は取った?」
もちろんろん♪