とことん走ろう!(第一段階1-D)


雨…。
やだなぁ。教習始まって以来初めての雨だ。コケたらどうしよう…
ビクビクしながら教習所に行くとみんなカッパを着てる。
「あのぉ、カッパってどこにあるんですか?」
「駐車場の方の乾燥機の中にあるよ。」
行ってみると、ハンガーに吊るされて青いのとエンジ色のと2色ある。青を選ぶ。
そうそう、雨の日は早めに行きましょう。カッパを着るのに少々時間がかかります。
なんだか肌寒い。教官がヒーターを入れてくれた。

 

今日は前回に引き続き狭路とスラローム。とにかく練習練習また練習あるのみ。
こうなったら体が覚えるまでとことん走ってやるぞ!
向こうに年配の女性がいる。ちゃんと400ccに乗ってるではないか。格好いい!
(あーあ、ホント私って稀なケースなんだわぁ…)
けどけど、今日はなんかいい感じじゃない?
自分的にすごいメリハリのある走りができてるような気が。
スラロームなんてすごいリズミカルだし。
と思ってたら「リヤブレーキずっと踏んでるよ」と教官。
(え?!踏んでるつもりなかったんですけど。ちょっと踏んだだけで点灯しちゃうのかな?)
とにかく前回よりかなり慣れてきた。バイクとの一体感も増してきた。
教官も「良くなったぞ!」と向こうから声をかけてくれる。やった!!

 

最後はローギア・セカンドギアでの低速走行。
クラッチとアクセルを微妙に使えっていうけど、この練習ってなんかよく分からないし、つまんないなぁ。
珍しく大したトラブルもなく終了。
「いいでしょう。慣れてきましたね。でもまだ目線が近いかな。次は一本橋です。」